• ホーム
  • タミフルの異常行動とアレルギーの違い

タミフルの異常行動とアレルギーの違い

2019年11月28日

アレルギーは現代社会において非常によく見られる現象の一つでしょう。
日本社会においては季節性の花粉症などがその大きな一例として挙げられ、花粉症の他にも数々の食物アレルギーやハウスダスト、建材に含まれる化学物質のアレルギーなどが存在しており多くの患者が存在しています。
そうしたアレルギー症状は薬品などにおいてはたびたび見られ薬の注意点の一つとして認識されています。
こうした症状として誤認されがちな薬の副作用にタミフルの異常行動があげられます。
タミフルは現状に有効なインフルエンザウイルスに対する特効薬と知られており、インフルエンザ治療の現場で効果的に用いられてきました。
しかし、日本に於いては若年の利用者が異常行動を起こし、死亡事故などを引き起こしてしまったために処方に対してガイドラインが設けられています。
一見するとこうしたタミフルの一連の異常行動事件もアレルギーのような症状のように思われますが両社は本質的に異なっており、多くの違いが存在しています。
タミフルの異常行動は、原因としては専門家の見解も分かれており、一部の識者の間ではタミフルの薬自体の作用ではなく、インフルエンザの高熱による意識障害が原因とも言われています。
タミフルによる代謝物は動物実験などにより神経細胞の興奮作用を引き起こすことが指摘されており、薬自体の副作用としてこうした現象が見られるのです。
このようにアレルギーとは違い、慢性的に存在しているのではなく薬などの外部の要因に原因があるのです。
こうした薬品に対する知識を身に付けることは、薬害などから身を守る非常に良い方法であり、アレルギーと他の症状の違いを理解することも非常に大切です。

関連記事
タミフルと同じ作用のインフルエンザ点滴治療薬

インフルエンザの治療薬として、タミフルが一般的には有名です。有効性が高く臨床で使用されている薬剤の中では最も歴史があるもので、一時期には飛び降りといった異常行動や自殺企図などがメディアを賑わしたこともあり、医療従事者以外にもほとんどの方がこの薬剤の名前を知っています。しかし、同様の作用を持つ薬剤であ...

2019年10月29日
夏場のインフルエンザと子供へのタミフルの飲ませ方

インフルエンザというのは、ウイルスに感染することによって起こりますが、基本的にインフルエンザウイルスは湿度に弱いという特徴があるため、湿度が低い冬場の時期に大流行することが多いものです。しかし、なかには夏場であってもインフルエンザウイルスに感染してしまうケースもないわけではなく、特に人の行き来がグロ...

2019年09月24日
タミフル服用中に飲酒以外にしてはいけないこと

特に寒い時期になると、インフルエンザが流行してしまい、高熱を出して学校や会社を休む羽目になる人が増えるものです。しかもインフルエンザの場合は、高熱が出る上に、放置していると症状が長引いて、健康な状態に戻るまで時間が掛かってしまいます。なのでインフルエンザに掛かってしまった際には、出来るだけ早く病院に...

2019年09月04日
タミフル服用中に飲酒をするとどうなる

タミフルは服用することでインフルエンザウイルスの増殖を抑え、症状の緩和と回復を早めるための治療薬です。適応するのはインフルエンザA型とB型で、新型のインフルエンザにも有効とされ、日本では最も使用される抗インフルエンザウイルス薬となっています。ウイルスが増殖する際に必要とされるノイラミニダーゼと呼ばれ...

2019年08月19日