• ホーム
  • 夏場のインフルエンザと子供へのタミフルの飲ませ方

夏場のインフルエンザと子供へのタミフルの飲ませ方

2019年09月24日
薬を持っている男性

インフルエンザというのは、ウイルスに感染することによって起こりますが、基本的にインフルエンザウイルスは湿度に弱いという特徴があるため、湿度が低い冬場の時期に大流行することが多いものです。
しかし、なかには夏場であってもインフルエンザウイルスに感染してしまうケースもないわけではなく、特に人の行き来がグローバル化している現代では、こうしたケースもまれではなくなってきています。
もちろん、インフルエンザウイルスにはA型からC型まであって、もともとC型は季節を問わずに感染しやすいという事実はあるのですが、季節的なA型、B型であっても、夏場の感染はあるわけです。
このような場合、タミフルのような抗インフルエンザ薬を病院で処方してもらって、すみやかに服用するのが、インフルエンザからの立ち直りを早める上では効果が高い方法といえます。
ただし、夏場のインフルエンザのなかでも、C型ウイルスが原因のものは、タミフルでは効果がありませんし、また特別に強い薬を飲まなくても完治することが多いようです。
さて、このタミフルですが、飲んだときに苦味が感じられることから、子供には特に不評であるといえます。
飲ませ方の工夫のひとつとして、通常のタミフルではなく、ドライシロップとよばれる、味がついた粉末状のものを処方してもらうという方法があります。
ただし、これもやはり甘みと苦味が混在しているようなものですので、それでもいやがる場合には、さらに飲ませ方を工夫しなくてはなりません。
一般に、タミフルをスポーツドリンクやジュースなどといっしょに飲ませるという方法がありますが、たとえば薬局には子供の服薬用のゼリーなども売られていますので、これを用いるというのも、かしこい飲ませ方といえるでしょう。

関連記事
タミフル服用中に飲酒以外にしてはいけないこと

特に寒い時期になると、インフルエンザが流行してしまい、高熱を出して学校や会社を休む羽目になる人が増えるものです。しかもインフルエンザの場合は、高熱が出る上に、放置していると症状が長引いて、健康な状態に戻るまで時間が掛かってしまいます。なのでインフルエンザに掛かってしまった際には、出来るだけ早く病院に...

2019年09月04日
タミフル服用中に飲酒をするとどうなる

タミフルは服用することでインフルエンザウイルスの増殖を抑え、症状の緩和と回復を早めるための治療薬です。適応するのはインフルエンザA型とB型で、新型のインフルエンザにも有効とされ、日本では最も使用される抗インフルエンザウイルス薬となっています。ウイルスが増殖する際に必要とされるノイラミニダーゼと呼ばれ...

2019年08月19日